愛知県名古屋市での障害年金のことなら、名古屋障害年金申請センター・浅野社会保険労務士事務所にお任せください!

17年の実績と経験 名古屋障害年金申請センター

浅野社会保険労務士事務所

〒460-0022 愛知県名古屋市中区金山1-11-10 
         金山ハイホーム707号(イオン金山店の北)

地下鉄・金山駅⑥番出口から徒歩1分!
金山総合駅北口から徒歩3分!

052-324-7013

営業時間

8:30~20:00
(出られない場合は留守電にお願いします!) 
携帯電話 
080-3638-3777
出張相談いたします。

お気軽にお問合せください

精神疾患

精神疾患とは、脳の機能的な障害や器質的な問題によって生じる病気の総称です。

遺伝子要因とストレス・身体疾患などの環境要因が複雑に関与して発症すると考えられる、心の病です。

うつ病

うつ病は、精神的ストレスや身体的ストレスが重なるなど、さまざまな原因で発症します。

眠れない、食欲がない、一日中気分が落ち込む、何をしても楽しめない、といった症状が起きます。否定的な考え方に陥ったり、自分がダメな人間だと感じてしまいがちです。そのため、普段なら乗り越えられるストレスでも、より辛く感じられるという悪循環が起き、「憂うつな気分」「気持ちが重い」といった抑うつ状態が長く続くというのが、うつ病の代表的な症状です。

躁うつ病(双極性障害)

あるときは気分が落ち込み、あるときはハイになる状態を繰り返し「躁うつ病」とも呼ばれる双極性障害。躁状態とうつ状態を両極端に繰り返す状態です。

うつ病だと思いながら、極端に調子が良くなって活発になる時期がある場合は、躁うつ病かもしれません。
躁状態になると眠らなくても活発に活動する、次々にアイディアが浮かぶ、自分が偉い人間だと感じられる、大きな買い物やギャンブルなどで浪費する、といった症状がみられます。躁状態の時にとても気分が良く、本人には病気という自覚がありません。

統合失調症

統合失調症は100人に1人がかかるといわれており、心や考えがまとまりづらくなる病気で、気分や行動、人間関係などに影響が出てきます。

特徴的な症状である「幻聴・幻覚」です。幻聴は、周りの人には聞こえない声が聞こえる、中でも自分の悪口やうわさなどが聞こえてくるといった症状が表れます。また、独り言を言ったり、話が支離滅裂になる、人と関わらず一人でいることが多くなる、意欲の低下、感情表現が少なくなるなどの症状もみられます。

 

精神遅滞(知的障害)

精神遅滞(知的障害)とは、一般的には、読み書き、計算など、日常生活や学校生活を送るうえで、頭脳を使う知的行動に支障があることを指します。

幼少期に同年齢の幼児との交流がうまくいかなかったり、言葉に遅れがあったりする場合が多い。

発達障害

【自閉症、アスペルガー症候群、その他の広汎性発達障害】典型的には1歳を過ぎた頃から、人の目を見ることが少ない、指さしをしない、他の子どもに関心がない、といった様子がみられます。保育所や幼稚園に入ると、一人遊びが多く集団行動が苦手で、自分が話したいことしか口にしない場合もあります。一方、好きなこと、興味のあることには何時間でも熱中するなど、対人関係やコミュニケーションの障害、興味や行動の偏り・こだわりといった特徴が表れます。
【注意欠如・多動性障害】7歳までに多動・衝動性、あるいは不注意、または、その両方の症状が表れます。多動・衝動性の症状には、席を離れる、じっとしていられないなど、また、不注意の症状には、忘れ物や紛失が多いなどがあります。
【学習障害】全般的な知的発達には問題がないのに、読む・書く・計算するなど特定の事柄だけが難しい状態を指し、成績や日常生活に困難が生じます。

高次脳機能障害

高次脳機能障害とは、交通事故や脳卒中などで脳が損傷され、記憶や行動、言葉に障害が生じる病気で、次のような症状が出ることあります。
【記憶障害】物の置き場所を忘れる。新しい出来事を覚えられない。同じことを繰り返し質問する。【注意障害】ぼんやりしていて、ミスが多い。二つのことを同時に行うと混乱する。作業を長く続けられない。【遂行機能障害】自分で計画を立てて物事を実行することができない。人に指示してもらわないと何もできない。約束の時間に遅れる。【社会的行動障害】興奮する、暴力を振るう。思いどおりにならないと大声を出す。自己中心的になる。

てんかん

てんかんは、突然意識を失い、全身のけいれんを起こしたり、幻覚や恐怖感などの精神症状も見られます。原因が不明で小児期に発症しますが、成人期以降では頭部外傷や脳血管障害などの器質的原因で発症するケースが多いといわれます。

てんかん発作は、脳の一部の神経細胞が突然一時的に異常な電気活動を起こすことにより生じますが、症状は基本的に一過性で、発作終了後は、元どおりの状態に回復することが特徴です。てんかんは、原因不明の「突発性てんかん」と、頭部外傷、脳卒中、脳腫瘍、アルツハイマー病など原因が明らかな「症候性てんかん」に分けられます。

不安障害(神経症)

パニック障害

地震や火災など、突発的な命の危機に直面したとき、多くの人は、パニック状態に陥ります。しかし、何でもないときに突然、理由もなく、動悸やめまい、発汗、窒息感、吐き気、手足の震えといった発作を起こし、そのために、生活に支障が出ている状態をパニック障害といいます。例えば、電車やエレベーターのような閉じられた空間では「逃げられない」と感じ、外出できなくなることもあります。このように、命の危険がないのに、まるで命が脅かされているような不安や恐怖を感じる、これをパニック発作といいます。

パニック障害は、このパニック発作から始まります。初めはパニック発作だけですが、発作を繰り返すうちに、「予期不安」や「広場恐怖」といった症状も表れるようになります。予期不安……また発作が起きるのではないかという不安、広場恐怖……苦手な場所を避けるようになる。

強迫性障害

迫性障害とは、強い不安やこだわりによって、日常に支障が出る病気で、強迫観念と強迫行為の二つの症状があります。強迫観念……頭から離れない考えのこと。その内容が不合理だとわかっていても頭から追い払うことができない。強迫行為……強迫観念から生まれた不安にかきたてられて行う行為のこと。自分でも、やりすぎ、無意味とわかっていてもやめられない。

〈代表例〉過剰な手洗い、入浴、洗濯を繰り返す。ドアノブや手すりなどを触れない。誰かに危害を加えたかもしれないという不安が心を離れない。戸締り、ガス栓、電気器具のスイッチを過剰に確認する。自分で決めた手順で物事を行わないと、恐ろしいことが起きるという不安から、いつも同じ方法で仕事や家事をする。不吉な数字・幸運な数字に縁起をかつぐことに度を超えてこだわる。物の配置にこだわりがあり、必ずそうなっていないと不安になる。

障害年金のご相談・
お問い合わせ

ご相談やお問合せがございましたらお気軽にお電話ください。

障害年金の申請、審査請求や再審査請求についてのご相談をお待ちしております。 お気軽にお問合せ下さい

障害年金相談とお問合せ

052-324-7013

障害年金の請求審査請求、再審査請求のご相談をお待ちしております。
お気軽にお電話下さい。

LINE はじめました!

ごあいさつ

社会保険労務士 浅野

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

資格
  • 特定社会保険労務士
    産業カウンセラー
    キャリアコンサルタント

申請をお任せください!

費用はかかりますが、当事務所にお任せいただいた方が安心です
ご自身で申請して不支給になった場合、時間的なロスと精神的なつらさが生まれます。当事務所に任せていただいた場合、確実で早く申請ができます。

書類等でよくわからない場合

・「障害年金の対象になるのかどうかわからない」
・「請求の方法や手続きの仕方がわからない」
・「年金事務所から書類をもらったが、書き方がわからない」
・「どうも病院にはカルテがないらしい」など・・・ 

状態が悪くなった場合

「休職期間が終わっても、復職できそうもない」
「ほとんど寝たきりで起き上がれない」 
・「人工透析を受けることになった」
・「心臓ペースメーカーを装着した」
・「人工肛門の手術をした」など・・・

更新時に支給停止等で困った場合

・「更新時に障害年金支給停止になった」
・「更新時に障害等級が下がった」など・・・

052-324-7013

お問合せはこちら