障害年金のことなら、愛知県名古屋市の名古屋障害年金申請センター・浅野社会保険労務士事務所にお任せください!

17年の実績と経験 名古屋障害年金申請センター

浅野社会保険労務士事務所

〒460-0022 愛知県名古屋市中区金山1-11-10 
         金山ハイホーム707号(イオン金山店の北)

地下鉄・金山駅⑥番出口から徒歩1分!
金山総合駅北口から徒歩3分!

052-324-7013

営業時間

8:30~20:00
(出られない場合は留守電にお願いします!) 
携帯電話 
080-3638-3777
出張相談いたします。

お気軽にお問合せください

障害年金を依頼する理由

障害年金に強い社労士に依頼する理由

不安で一歩目を踏み出せない方
途中で疲れてしまった方
障害年金の請求を、ゴールまで優しくお手伝いします!

隣のあの人も、障害年金をもらっているかも?

今、あなたがこのページにたどり着いたということは、ご自身やご家族が障害年金の対象者かも?と調べていらっしゃるところでしょうか。または、自分で障害年金の請求をしようと思ったけれど難しくて…というところかもしれませんね。
 

ご覧いただき、ありがとうございます。名古屋市周辺で障害年金請求をお手伝いしています、浅野社会保険労務士事務所です。私どもの事務所では、障害年金の相談件数が2000件を超えました。それをもとに、皆さんに、少しでもお役に立つお話ができればと思います。 
 

最近の様子を見ていると、障害年金は年々受給しづらくなっているようです。理由は簡単。「自分も当てはまるかも」と気づき、請求する人の数が増えてきているのです。もちろん、相対評価ではありませんから、そんなことで受給しづらくなるのはおかしな話なのですが、お医者さんからでさえ「これまで取れたような診断書が、最近は通らなくなってきた」と聞くのです。こんな現状である以上、それなりに対策をとって請求をしなければなりません。

 

一方で、「自分も当てはまるかも」と思いながらも確信がもてず、はじめの一歩が踏み出せない方も多いようです。障害年金は、自分が請求しない限り、医者や行政が代わりに請求してくれるようなことはありませんし、向こうから請求を勧めてくれるようなことも期待できません。


「障害年金を請求してはどうですか」と声がかかるのを待っていては、もらいそびれてしまうのが現状です。とは言っても、
なかなか自分から聞くには勇気がいることですよね。でも、その間に「隣のあの人」はもらっているかも知れません。

障害年金申請はチームワークが大切

そこで、障害年金に強い社労士(社会保険労務士)の出番です。
 

「障害年金がもらえるかもしれない」と思ったら、相談窓口や医者ではなく、障害年金に強い社労士に一番に相談していただいても良いのです。もちろん、そこで判断できるわけではありませんが、受給可否の確実な判断は医者にも相談窓口にもできませんので、まずは気軽に聞けそうなところに相談して、そこから作戦を練れば良いのではと思います。

当事務所にも、よく相談に来られますよ。これまでも多くの請求を通してきましたので、「請求するときの細かな注意点まで、詳しく教えてもらえて助かった」「うつ病だったので気分の浮き沈みが激しかったが、最後まで粘り強く付き合ってもらえ、ありがたかった」など、喜んでいただいています。

 

さて、前述したように、障害年金の請求は通りにくくなっているようです。通る請求書を用意するために必要になってくるのが、関わる人間のチームワークです。
 

障害のある方ご本人を中心に、そのご家族、担当医、そして障害年金に強い社労士が丁寧にコミュニケーションを取って、必要書類を作っていかなければなりません。よく言われるのが「医師にもらう診断書と、自分で書く申立書の内容が食い違っているようでは、到底受給できない」ということです。
 

「そんなこと当たり前じゃないか」という声が聞こえてきそうですが、実はなかなか難しいのですよ。ご自身で書かれる場合、必要のないことを書きすぎてしまったり、請求対象となっている障害とは違う病気のことを書いてしまったり。結局途中で書けなくなって、疲れて投げ出してしまわれる方も…。そのあたりは私たちが入ることで、適切な申立書にすることができます。

1度目の請求が一番通りやすいからこそ…

先日、びっくりするような話を聞きました。

「窓口で請求書類を提出したら、申立書に不備があり、その場で書いてと言われたので書きました」…読ませていただいた申立書は、これでは通らないだろうとすぐに分かるもの。当然、書き直しをお勧めしました。
 

「とりあえず、自分で障害年金請求をしてみよう」と、考える方も多いでしょう。すると、申立書の書き方指導は、相談窓口に頼らざるを得ません。しかし彼らの多くは、専門家ではありません。他にもたくさん仕事がある中の一部として対応しているだけです。あまり多くは期待できません。
 

それなのに、そうやって初めての請求をされた結果通らず、その書類を持って私たちの所に相談に来られる方の多いこと。一度目の請求の時に来てくだされば、もっと楽に通っただろうにと思うと、残念でなりません。
 

2度目の請求は、すぐには難しいのです。当然、1度目に通らなかった請求結果が、請求先に残っています。それと見比べられながら、判断されるのです。また、2度目で通ったとしても、1度目で通るのと比べれば支給開始日も遅くなります。

 

「自分で作った請求書で受給できる」、確かにそれがベストだとは思います。ではワーストは何でしょう?「受給できない」ことですよね。


ベストを狙ってワーストに陥るよりも、「障害年金に強い社労士に少しお金を払ってでも、請求書が通る確率を上げる」-このベターを狙ってみてはいかがでしょうか。1度目の請求の時にご相談いただければ、きっとその確率はさらに上げられるでしょう。

 

名古屋市周辺で、障害年金の請求を相談されるなら、浅野社会保険労務士事務所へ。これまでの実績を存分に生かして、あなたの請求のお手伝いをさせていただきます。ご相談をお待ちしています。




 

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

052-324-7013

受付時間:8:30~20:00

携帯電話 080-3638-3777

障害年金に強い名古屋の社労士事務所Topへ戻る

障害年金のご相談・
お問い合わせ

ご相談やお問合せがございましたらお気軽にお電話ください。

障害年金の申請、審査請求や再審査請求についてのご相談をお待ちしております。 お気軽にお問合せ下さい

障害年金相談とお問合せ

052-324-7013

障害年金の請求審査請求、再審査請求のご相談をお待ちしております。
お気軽にお電話下さい。

ごあいさつ

社会保険労務士 浅野

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

資格
  • 特定社会保険労務士
    産業カウンセラー
    キャリアコンサルタント

申請をお任せください!

費用はかかりますが、当事務所にお任せいただいた方が安心です
ご自身で申請して不支給になった場合、時間的なロスと精神的なつらさが生まれます。当事務所に任せていただいた場合、確実で早く申請ができます。

書類等でよくわからない場合

・「障害年金の対象になるのかどうかわからない」
・「請求の方法や手続きの仕方がわからない」
・「年金事務所から書類をもらったが、書き方がわからない」
・「どうも病院にはカルテがないらしい」など・・・ 

状態が悪くなった場合

「休職期間が終わっても、復職できそうもない」
「ほとんど寝たきりで起き上がれない」 
・「人工透析を受けることになった」
・「心臓ペースメーカーを装着した」
・「人工肛門の手術をした」など・・・

更新時に支給停止等で困った場合

・「更新時に障害年金支給停止になった」
・「更新時に障害等級が下がった」など・・・

052-324-7013

お問合せはこちら