愛知県名古屋市での障害年金のことなら、名古屋障害年金申請センター・浅野社会保険労務士事務所にお任せください!

17年の実績と経験 名古屋障害年金申請センター

浅野社会保険労務士事務所

〒460-0022 愛知県名古屋市中区金山1-11-10 
         金山ハイホーム707号(イオン金山店の北)

地下鉄・金山駅⑥番出口から徒歩1分!
金山総合駅北口から徒歩3分!

052-324-7013

営業時間

8:30~20:00
(出られない場合は留守電にお願いします!) 
携帯電話 
080-3638-3777
出張相談いたします。

お気軽にお問合せください

発達障害での障害年金請求

発達障害は障害年金の対象です!

みなさん、こんにちは。
愛知県名古屋市の障害年金エキスパート、社労士の浅野代司郎です。

発達障害と診断されて生活や就労でお困りの皆さん、

最近、発達障害の方からのご相談がよくあります。周りの方の配慮が足りなくて、とても辛い思いをされています。

当事務所は皆さんにとって、きっとお力になれるかもしれません。

発達障害にもいろいろあります。

20歳前から受診している方、20歳過ぎてから受診された方、40代や50代になって初めて受診した方など様々です。そうした中で発達障害と診断されてショックを受けている方や、あるいは今までの人生を振り返り、なぜかほっとされる方もみえます。

発達障害は症状により、主に3つに分かれます。
①広汎性発達障害 ②学習障害(LD)③注意欠陥多動性障害(ADHD)

個人差がとても大きいというのも発達障害の特徴であります。
外見では分かりづらいため孤立してしまうことがよくあります。

あの大科学者アインシュタイン、大発明家エジソンも発達障害と言われていました。

環境や仕事にはまれば、社会で活躍できる方が多くみえます。

発達障害は障害年金が受給できます!

そうした環境や仕事が見つかるまで、障害年金を受給できる可能性があります。

しかし、手続きが複雑で、さらに発達障害では障害年金が受給できない、
難しい、などという声があるのも確かです。

最近は発達障害で障害年金を受給できるようになってきました。

お問い合わせはこちらまで

安心につながります!

諦めないでください!

障害年金を受給できるか、できないかで今後の生活は大きく変わります。

当事務所は障害年金を専門とする社労士事務所です。

当事務所の特色は、
①豊富な経験と実績から皆さまを最大限にご支援できます。
②必要な書類を迅速に整えます。
③年金事務所への書類の提出を代行します。

お困りのことがございましたら、お気軽に社労士浅野までお問合せください。

ご相談は無料です。
お悩みに寄り添い、全力でサポートいたします。

詳しくはこちらをクリック

当事務所での発達障害における受給実績

また、当事務所は発達障害における障害年金受給実績を数多く持っています。

受給決定で訪れた喜び! ほんの一部ですが、ご紹介します!

・広汎性発達障害   、障害厚生年金2級

・広汎性発達障害   、障害基礎年金2

・アスペルガー症候群 、障害厚生年金2級

・アスペルガー症候群 、障害基礎年金2級

・アスペルガー症候群 、障害厚生年金3級

・注意欠陥多動性障害 、障害厚生年金2

・注意欠陥多動性障害 、障害基礎年金2

・注意欠陥多動性障害 、障害厚生年金3級

・自閉症       、障害基礎年金1級

・自閉症       、障害基礎年金2級

障害年金の請求を決めるのはあなた自身です。
決めたなら、全力でサポートいたします。
 

お気軽にお問い合わせください。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

052-324-7013

受付時間:8:30~20:00

携帯電話 080-3638-3777

障害年金のご相談・
お問い合わせ

ご相談やお問合せがございましたらお気軽にお電話ください。

障害年金の申請、審査請求や再審査請求についてのご相談をお待ちしております。 お気軽にお問合せ下さい

障害年金相談とお問合せ

052-324-7013

障害年金の請求審査請求、再審査請求のご相談をお待ちしております。
お気軽にお電話下さい。

ごあいさつ

社会保険労務士 浅野

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

資格
  • 特定社会保険労務士
    産業カウンセラー
    キャリアコンサルタント

申請をお任せください!

費用はかかりますが、当事務所にお任せいただいた方が安心です
ご自身で申請して不支給になった場合、時間的なロスと精神的なつらさが生まれます。当事務所に任せていただいた場合、確実で早く申請ができます。

書類等でよくわからない場合

・「障害年金の対象になるのかどうかわからない」
・「請求の方法や手続きの仕方がわからない」
・「年金事務所から書類をもらったが、書き方がわからない」
・「どうも病院にはカルテがないらしい」など・・・ 

状態が悪くなった場合

「休職期間が終わっても、復職できそうもない」
「ほとんど寝たきりで起き上がれない」 
・「人工透析を受けることになった」
・「心臓ペースメーカーを装着した」
・「人工肛門の手術をした」など・・・

更新時に支給停止等で困った場合

・「更新時に障害年金支給停止になった」
・「更新時に障害等級が下がった」など・・・

052-324-7013

お問合せはこちら